FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/06/08

伝説の武道家 日野晃 Hino Akira





https://youtu.be/idPYg5Q59jI



https://youtu.be/TmlQ-9tacP8

日野武道研究所・主宰、日野晃師範。

武道家としては面白い経歴の持ち主で、少年時代は器械体操でオリンピックを目指し、後にジャズドラマーに転身。
大柄なドラマーに負けぬパワーを身に付けるために「小よく大を制す」を目指し武道の世界に入る。
しかし納得のいく道場・流派に出会えず自ら本格的に武道の研究を始める。
武神館の初見良昭、養神館の塩田剛三などの達人たちを参考に研究を続け自身も達人の技を再現している。

その日野晃師範が紹介している技で目を引くのは、やはり打撃技だ。
3人並べた弟子の後ろの1人だけが飛ばされる打撃は見事だ。
日野師範の説明の通り、古流の当身は甲冑の中の肉体を破壊するもので、格闘技のような叩き合いは想定されない。
日野師範は見た目に解りやすいように相手が後ろに飛んでいく演武をしているが、本来はその威力を相手の体内に全て作用させるのが当身である。

また完全に極まったアキレス腱固めを返す技は以前、武神館の初見良昭宗家も披露しており日野師範の研究の成果が表れている。
さらに日野師範は体術のみならず武器術や抜刀術でも独自の工夫で達人技を再現しており、現在もなお進化を続けている。

胸骨が体をを別次元に導く 武道の解答 [ 日野晃 ]

価格:4,860円
(2017/6/8 00:28時点)
感想(0件)






関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。