FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/06/05

伝説の武道家 武神館宗家 初見良昭 Masaaki Hatsumi Bujinkan





https://youtu.be/YPdzjf1dLso



https://youtu.be/zbzb0jmV5YE

伝説の武道家、武神館宗家・初見良昭。
世界一有名な忍者として知られる初見良昭師範は国内はもとより世界中に弟子を持つ現代を生きる本物の忍者だ。

幼少の頃より各種武道を身に着け柔道は現役で五段を取得するほどの腕前であったが、本物の武術を探求し続け様々な流派の古武術や合気柔術を修めた後、最後の忍者・高松寿嗣氏にめぐり逢い入門、厳しい修行の末九流派の宗家を託される。
現在も自らの武神館道場で高松師範より受け継いだ九流派を指導している。

この初見良昭師範の知名度は世間一般よりも各国の警察官や軍人達の間で極めて高い。
格闘技ではない死と隣り合わせの実戦を生きる者達に絶大な人気と信頼を誇っている。
この事実だけでも初見師範の教える武術が世界でも類を見ないレベルにある事が解る。

そして武神館道場では稽古の為の稽古は行わない。
兎角武道の稽古は型をなぞる事や無駄な反復練習、道場主の面目を保つための空理空論に終始しがちだが、武神館における稽古は実戦本位でそこには常に死の影が見え隠れしている。
だからこそ稽古を積むと危険を事前に察知し回避できるようになる。
世界中の実戦に生きる者達が数十年もの間、遠い日本の道場まで通い続ける理由が理解できるだろう。

※武神館九流派
「戸隠流忍法体術、玉虎流骨指術、九鬼神伝流八法秘剣術、虎倒流骨法術、神伝不動流打拳体術、高木揚心流柔体術、義鑑流骨法術、玉心流忍法、雲隠流忍法」

忍法大全 [ 初見良昭 ]

価格:3,780円
(2017/6/5 20:07時点)
感想(1件)





関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。