FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/05/31

空手の源流・沖縄武術「手」 翁長良光 神人武館 Onaga Yoshimitsu Old-style Karate Thi





https://youtu.be/gVDLSPR6VJk

空手は琉球王朝時代に沖縄古来の武術「手(てぃー)」と唐人の武術、日本本土の武術(薩摩藩の示現流)などが融合し唐手(トゥディー)として生まれたとされ、明治以降徐々にカラテ・空手の表記が広まったようだ。
現在、世界中に数多の修行者が居る武道・空手だが、その源流である沖縄武術「手」は空手の普及と共に忘れられその技を知る者は殆ど居なくなってしまった。

しかし神人武館・翁長良光師範はその幻の「手」を修め現代に伝えている。
その翁長良光師範の解説のもと娘の美智子師範が「手」を披露しているが、やはり現代の空手とは大きく異なってる。

目に付くのはその速さ。
その動きには一般的な空手のような極めや力感は無く、流れるように次々と技が繰り出される。
さらにこの技に十分な威力が有ることを立木打とその後ろの鉛が証明している。

そして翁長良光師範が語る「手」の理念も如何にも武術的だ。
「手は勝つため・殺すための手段ではなく、負けないため・殺されないための手段」と言う言葉は現代の勝つための空手とはまさに正反対だ。

一時は失われかけた沖縄の真の伝統武術「手」は、今も沖縄の地で守り伝えられている。


空手 DVD・書籍はCHAMP ONLINE



関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。