FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/05/27

黒田鉄山 型と指導 表居取・裏居取(四心多久間流柔術) Kuroda Tetsuzan





https://youtu.be/DncMwwb55Qw

振武舘・黒田鉄山師範による四心多久間流柔術の模範と指導風景。

黒田師範が事も無げに行う模範の型が如何に難しい物かは後の指導を見れば解るだろう。
技を受け理論を聞いて理解しても身体は決して黒田師範と同じようには動かない。
スポーツであれば精度は兎も角、同じ動作を真似ることは出来るが、黒田鉄山師範の身体の使い方は真似さえも困難至極である。

黒田師範は柔術の指導中に「鞘引き」「抜き付け」など居合術の身体操法を例に出し、同一の理論により技が成り立っていることを説明している。
正しく居合術を修めれば柔術も同様に上達する、当たり前のようだが異なる武術を同時に学ぶと両方が足を引っ張り合う事も珍しくはない。
しかし振武舘では流祖の異なる複数の流儀が同じ理論の元で統合的に指導されている。

これは振武舘の持つ歴史と伝統、そして黒田鉄山師範の才覚による理想的な武術指導の一つのカタチであろう。


黒田鉄山 DVD・書籍はセブンネットで



関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。