FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/05/23

黒田鉄山 一瞬の崩し 稽古で力を抜く理由 Kuroda Tetsuzan





https://youtu.be/AQNdRdQbYL4

振武舘・黒田鉄山師範の指導風景だが、相手は他流派の修行者である。
一般的な武道と力を否定した武術の対比がよく観える。

力一杯に向かってくる相手を黒田師範は僅かに上体を変化させることのみで崩してしまう。
さらに相手の攻撃の意思を察知して瞬間の体の変化のみで投げてしまう。
ここで黒田師範は相手の攻撃の意識を極めて明確に察知している。
そして相手の意識と動作のタイムラグについて「夜が明けてしまう」と、その時間差を表現している。

何よりこの一連を黒田師範は「型にすらならない」と言っている。
振武舘道場における「型」が如何に高度で厳密なものかが表れた言葉だ。

また振武舘道場ではこの「型」の稽古で物理的・肉体的な速さだけでなく、意識と肉体の間の速さ、相手の意識を察知する速さまでをも鍛錬することを可能にしている。


黒田鉄山 DVD・書籍はセブンネットで



関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。