2017/05/24

達人の合気 塩田剛三の奥義を解明 Shioda Gozo[Master of Aiki]




達人の合気 塩田剛三の奥義を解明 [Master of Aiki] 投稿者 kamiwazabujutsu

合気道の達人、塩田剛三師範の演武。

この演武はかなり若い時代の物のようで、技はかなり荒々しく豪快だ。
また一般的に合気道ではご法度のピョンピョンと飛び跳ねるような動きも多用しており、現代の合気道が如何に型に嵌っているかがよく解る。
植芝盛平は稽古で技をかけるのみで一切教えなかったと言うが、教えない事の重要性を認識している指導者は現代では極めて稀であろう。

ここで紹介されている塩田師範の神技を作り出す要素は入り身、回転、タイミング、中心軸など合気道においては基本と呼ばれるものばかりだが、どれも教えられれば出来ると言う物ではないし、教えられたが為に出来ない事さえ少なく無い。

「型稽古」と「型に嵌まった稽古」の違いを理解しなければ、塩田剛三師範の技を得る事は難しいだろう。


合気道 DVD・書籍はセブンネットで



2017/05/23

黒田鉄山 一瞬の崩し 稽古で力を抜く理由 Kuroda Tetsuzan




黒田鉄山 一瞬の崩し 稽古で力を抜く理由 Kuroda T... 投稿者 kamiwazabujutsu

振武舘・黒田鉄山師範の指導風景だが、相手は他流派の修行者である。
一般的な武道と力を否定した武術の対比がよく観える。

力一杯に向かってくる相手を黒田師範は僅かに上体を変化させることのみで崩してしまう。
さらに相手の攻撃の意思を察知して瞬間の体の変化のみで投げてしまう。
ここで黒田師範は相手の攻撃の意識を極めて明確に察知している。
そして相手の意識と動作のタイムラグについて「夜が明けてしまう」と、その時間差を表現している。

何よりこの一連を黒田師範は「型にすらならない」と言っている。
振武舘道場における「型」が如何に高度で厳密なものかが表れた言葉だ。

また振武舘道場ではこの「型」の稽古で物理的・肉体的な速さだけでなく、意識と肉体の間の速さ、相手の意識を察知する速さまでをも鍛錬することを可能にしている。


黒田鉄山 DVD・書籍はセブンネットで



2017/05/21

甲野善紀 太刀取り・剣術・一人稽古で井桁術理を体現 Kono Yoshinori




甲野善紀 太刀取り・剣術・一人稽古で井桁術理を体現 Kono... 投稿者 kamiwazabujutsu

甲野善紀師範の井桁術理、太刀取り・剣術・一人稽古編。

身体を細かく割り、全てを同時に動かすことで大きな力と速さを生み出す井桁術理。
ただ速いのではなく居着きの無い速さだからこそ太刀を避け、太刀を奪うことも可能になる。
剣を合わせても甲野師範の剣には居着きがないので相手は鍔迫り合いが出来ずに崩される。
また剣を合わせた瞬間に潰されて容易に取り押さえられてしまう。
一人稽古の素振りを見ても甲野師範は剣を振る時に腕力を用いず全身の連動と重心移動で振っているのがよく解る。

甲野善紀師範の井桁術理は剣・杖・槍・体術など凡そ身体運動の全てに効果を発揮する。
だからこそ甲野理論は武術のみならずスポーツや芸術の分野でも高く評価され、教えを請う者が後を絶たないのだろう。


甲野善紀 DVD・書籍はセブンネットで